遺産管理
とにかく、 心配です!
平成27年度から増税
相続税が 増えます!
遺言書
相続税対策
生前遺産メニュー誘導

Copy Right(C): 2011-, AACCX INC., e-Mail: dogami@taxes.jp; All Rights Reserved.

生前遺産管理
遺産管理お問合せ電話

◆ 長寿時代の老後の自助

生前遺産管理メニューへの誘導標識
相続の基礎知識
ホーム誘導
まず変わる課税の仕組みを解説させて戴きます!
アアクス堂上税理士事務所は総合的な相続税申告システムを装備してシミュレーションします
お問合せ電話
S/B: 090-6007-3483
電話: 03-6221-2077
生前管理お問合せメール
お問合せメール
dogami@taxes.jp
 女性86歳、男性80歳の平均余命ですが、20年後はもっと伸びて90歳以上になっている確率は高いです。そんな時代、財産を生前贈与してしまったら最後、相続人達は、非相続人に冷たくなるのも人情ですから、最後まで遺産は自己所有にして、老後を考えることも、一理あります。

1.個人信託
 老後の自分を受取人にして、財産を信託(所有権は信託会社に移転します)し、その 受益権を自分名義にすれば、法定果実(家賃のような収益)だけ、毎月受け取ることができます。

2.海外移住
 相続のない国へ、財産をそっくり持ち込み、非居住者になるのも、一つの方策が生まれる可能性が高くなります。

3.将来性のある証券への投資
 例えば「Co2排出権」等がごく最近まで、個人で買えたようです。そのような将来、急騰すると思われる証券、債権、外貨等への投資も、一つの老後の対策でしょう。ポートフォリオをどう組むか、ご相談下さい。

4.生命保険
 特定の商品は、長期的な観点に立つと、まだまだ魅力が失せていません。ぜひフィナンシャルプランナーでもあるアアクスにご相談下さい。


1. 相続人間の争い(謂わば「争続」)の回避

 被相続人(死ぬ人・死んだ人)が、相続人(生き残る人・残った人)の間で、争いが起こらないように、生前に、財産権について、決めて置くと比較的に円満に相続できます。

 ただ次のような点にも配慮が必要です。 
   @ 遺留分の減殺
   A 遺言書の無効訴訟
   B 生前3年以内の相続人への生前贈与

2.生前の遺産整理
  次のような例が、よく使われる戦略として
 考えられます。

 イ) 売却した方がお得なものが無いか
 ロ) 生前贈与したらどうなるか
 ハ) 海外が主な居所(非居住者)の相続人
   への生前移転(戦略)
 ニ) 相続税がない国や地域への財産の
   移転とそれに伴う節税対策(戦略)
 ホ) 非課税財産(霊廟等)への投資
 へ) 時価が低迷する自社株の相続人への
   移転(タイミング戦略が必要)


◆ 生前遺産管理の目的

相続税改正点
相続着目点
サイトマップ
ホーム
ホーム誘導標識