Menu
HOME
アアクスの零細向け海外支援をどうぞ!
海外進出支援
国際会計
課税所得の範囲
中国進出は、MA撤退をも想定した浮沈戦略が必須です!
MA支援
サイトマップ
  零細企業の国際会計の課題は、
  ”IFSR”などではありません。日々
  の内部統制により「経理不正」を、
  どう防ぐかです。クラウド会計が、
  それを解決します。
零細企業の中国進出のこと、何でもメールで聞けます!
国際進出
◆国際クラウド
国際 会計
アアクス堂上税理士事務所
代表者: 税理士・行政書士 堂上孝生
 国交省委託・海外展開支援アドバイザー
東京都江東区豊洲5丁目5番1号〒135-0061 
電話:03-6221-2077 Fax:03-6221-2078 
e-Mail: dogami@taxes.jp
国際会計お問合せ電話

Copyright(C): 2012-, AACCX INC., e-Mail: dogami@taxes.jp; All Rights Reserved.

お問合せ電話
 03-6221-2007

 アアクスのクラウド会計サービスの詳細は、ココをクリック下さい。既に大々的に紹介しています。コストも激安なんです。

 国内での記帳代行と決算申告に関しては、それぞれサイトを儲けて、サービス内容を紹介していますが、記帳代行のうち、クラウド会計の仕組みを利用した、サービスの結果報告の様式につきましては、やはり、クラウド会計のことをご理解されると、その衝撃的な利便性がお解り戴けるとおもいます。
1.クラウド会計の仕組みとは?
 クラウドコンピューティングの会計業務での応用として開発された総合システムで、その特徴は3点です。クラウド会計とは、
@ 通常のPC(低価格帯)を使い
A 通常のインターネットを通じてアクセスし、
B 共同データセンター(サーバー及び貴財務情報を収納)に暗証番号で出入りして、
  会計情報を閲覧、加工、収納を行う仕組みです。
2.クラウド会計の効果
 クラウド会計の効果は何ですかと問われれば、その効果は、2点です。
@ 税務会計に関するコストが概ね従前の1/10に激減します。
イ)会計ソフトは御社での装備が、不用です。ソフトと財務ファイルはダウンロードし、閲覧、加工し、再び共同データセンターに格納しておくだけですから…。  ロ)サーバーも会計に関しては、不用です。従ってサーバーものメンテナンス費用も、サーバー設置場所も、その要員も不要です。 ハ)会計要員も、パート化するか、要員不足に陥った場合は、記帳代行サービスで説明した格安料金で何時でも請負います。
A 財務会計情報は、何時でも、何処からでも閲覧できます。  イ)貴社長が海外出張される場合でも、そのホテルから貴財務情報にアクセスでき、素早い現場への指示や、対策の手が打てます  ロ)信頼関係さえあれば、貴社の会計要員はその人の自宅で経理処理が可能です。
ハ)部門別会計や、本支店会計も、自由にシステム設計でき、各責任レベルに応じた現場の責任者に、リアルタイム処理を任せることができます。貴社長は各現場の状況管理もリアルタイムで可能です。
 幾ら自慢の「国際監査会社」へ委託しても、コストが会わなかったり、小企業サービスが報酬の関係でラフだったりしていませんか?

 新聞をご覧になって大企業の国際進出を連想なさって「我が社もダメ税理士ではなくて『大手監査会社』にお願いしなくっちゃ…」などと妄想(失礼!)して居ませんか?莫大な「監査会社のフィー」の問題をお忘れの方です。もう既に経済音痴が表面化している社長さんです。
 アアクスは、東京本店に中国人を多数擁し、現地(大連市)でも、小企業向けの経営コンサルティング子会社を運営して、御社の中国進出を、「成功するように」の経営方針で親身になって支援しています。

 それには、必須の「実務」に基づいた支援ノウハウが必要ですね。御社の支援会社は「クラウド会計」の仕組みを装備し、御社に超低価格で、現地の財務状況と経営成績をリアルタイムで報告する仕組みがありますか?

 これがないと、考えてみて下さい、「あほ」みたいな「ええ格好しい」の経営コンサルティングでしょう。能書きばっかり垂れる、ホレ、どこにでもあるヤツですよ…。
 

http://www.kichou.biz/Cloud-Kaikei.html