認定支援機関税理士(財務省・関財金1第268号)・行政書士(東京都会84082561号)・Immigration Lawyer(東京入管第132007300343号)
Free Dial: 0120-01-6066
代表者堂上孝生(どうがみ)
〒135-0061
東京都江東区豊洲5-5-1
アアクス堂上税理士事務所
登録資格
税理士(東京会第45825号)
行政書士(東京都会)
認定支援機関(財務省)
経営革新等支援機関(経産省)
入国管理局届出行政書士
中小会計の環境

『クラウド』革命
 
 日本は今、世界一流の何時でも何処でも安価にコンピュータにアクセスできる『ユビキタス』社会を実現し、2011年頃からはICT領域(Internet Communication Technology)のクラウドコンピューティングの仕組みが、更に市民生活上の電気デバイス等と融合した『アンビエント』社会を更に加速的に発展させる方向へ突進しています。
 結果としては、中小企業の激しい淘汰が進行中の産業界にあって、経営者の「やる気」に絡む経営デバイドが、激しく露出することになりつつあります。

 クラウド会計の仕組みを利用すると消費者の利便性が、コスト無しで一気に劇的改善します。その点からも、中小企業の社長が自社の経理把握には「何時でも、何処からでもアクセスできる」クラウド会計は大変に好都合です。

どこまで請負うの?
 次の4つの作業を、
『年5万円からパック』で請負います。
 
@ 所謂「チェックリスト」)の作成
  報告(チェックリストとは中小会計
  要(会計指針)に基づく謂わば中小向
  けの『決算監査報告書』のことです
 A 試算表の取りまとめと、決算代行
  (仮決算は年2回まで無料です。また
  税務対策・経営相談は無料です)
 B 決算承認手続き(議事録)の指導
 C 電子申告


◇メリット

 クラウドコンピューティング(CC)革命が大会社も中小企業も含めた産業界のコンピュータ利用を根本から変えようとしています。
消費者としては「格安サービス」が受けられる仕組みが開発されたことです。
「クラウド会計」は税務会計の分野で格安「CC革命」を起しています

白色申告に「記帳義務」
 
2014年1月1日から、2015年3月の確定申告には、白色申告者も「帳簿」を付ける義務が生じます。ただ当面、帳簿を作成しなかっった「罰則」はありません。なお白色申告の法人には、もともと記帳義務があります。勿論、青色申告にも記帳義務があります。

中小会計の新ルール

◆会計ルール変更の背景


 2013年3月31日の『金融円滑化化法』の期限切れを目の前に控え、中小企業庁を中心に、「社長は自社の返済その他の事業計画、資金繰りを自分で把握し、利害関係者(融資銀行等)に自分で説明すべきである。社長の財務諸表に関する説明能力は、融資事案に係る『会社評価』に反映する。当然に銀行融資判定の大きな材料とする。
 そのためには会計は「社長に役立つ」会計であるべきである。今まで中小会計は過度に税務署向けで解りにくい。それを改める必要がある。それも早急に!
 これが今、官民一体となって2015年まで多額の予算を使って、産業社会に浸透を図っている『新会計』たる「中小会計要領」の政策目標の要です。

『クラウド』の無料提供
 クラウド会計の仕組みは、弊社では無償提供しています(1,000社限定)。お問合せ下さい。
 弥生会計ソフト等の有名ソフトは、相互変換機能付きです。
 なおルールとして、各ソフトの操作(例えば弥生会計ソフトの操作)自体は、弥生株式会社が有料サービスを提供しています。そちらにお申込下さい。

お役立ち サイト

  個人事業・法人決算申告
 
確定申告
     Menu

 トップページ
■ TOPICS
 ・離婚の慰謝料(養育費等で居宅を譲る)

「税務の部」の先頭ページ
   = この頁をHOMEと表記しています
  ・節税情報
   グリーン投資減税
 ・融資等お役立ちサイト
 特別支出控除
  ・サラリーマンの背広代
 ・青色申告の特典
 消費税は2014年4月から8%になります

 税労務カレンダー

 年間の税務・労務 届出・納期限予定表
 確定申告の事前 誤りチェックポイント
 災害措置で、個人事業には災害の「復興税」が残ります 
 サービス内容
 安い料金を「図解」しています!
 事務所案内
 アアクスは「クラウド会計」の利用方法をリードしています!
 アアクスは、まず第一に、お客様の声を大切にします!
 お問い合せ
 H24税法改正点
 H26(2014)税制改正
アアクスのサービス内容を一望できます!
・ 税務訴訟
・ 消費税調査の強化

Copyright(C): 2012-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.
  主に設立9年(繰越欠損の繰越し年限)程度の一人起業家の方(零細小規模事業主)
 のために『年5万円からパッケージ』の報酬・サービス体系を用意しております。
確定申告のこと、何でも相談:
 アアクス堂上税理士事務所を使ったら何のメリットがありますか?それには明確なお答えがあります!このページは特に、格安サービス

1 決算・申告サービス
 コストパーフォーマンス
(高品質・低価格)

 サービス内容をチェックして見ます

(1) 相談無料
 経営全般について、何時でも相談にのり相談料は無料です(ご来訪をお待ちしています)
 相談は30年キャリアの税理士が、直接に貴方の悩みにお答えしています。

 「税理士への相談」は質的に視て、皆同じではありません。税務は実務です。しっかり足を地に付けた地道な経営実態を見て下さい
    
(2)事前に決算利益を報告
 そうしないと、社長の記憶にある売上高、仕入高、経費等に、ひょっとしたら正しい情報があるかもしれないのです。

 だいたい社長の「感ピュータ」は結構、的を得ているものですから…。ただ社長が勘違いをしておられる場合、それは会計専門家の立場から、その理由を言って間違いを指摘することが必用です。だから事前報告が必須です。

(3)決算監査を標準サービス(無料)
 経理仕分を、「元帳の異常値監査」・「業界数値との比較」・「過年度の数値比較」で、著しい誤差が無いかを検査し、経営分析で偽りの経理操作がないか一応の検査をします。
 これにより、社長の「勘定科目残高表」から、日本税理士会連合会のチェックリストる決算監査報告書を社長に報告します。合格点を採っていないと、その決算書は 銀行にも、税務署にも信用されない仕組みになっています。

 これが昨今の中小企業に対する当局、金融業界の決算書に対する態度です。社長はご存知でしたか?特に「中小会計指針」という新会計の会計要領が、中小企業庁等から出ていて、銀行融資の判定に使われています。


2.格安です!

(1) 報酬計算表は単純明快

 弊社「アアクス」のサービスは、日本一クラスの格安料金体系を採用しています。そして「ずるい」課金は一切ありません。
 それは@必ず事前説明制→事前見積書を発行したものにだけ、貴方が弊社に「了解!請求書をだしなさい」と云う意思表示と、A貴方が契約書への署名等をして始めて、請求書を発行します。これは商取引慣行として重要な商品引渡し前の「重要事項説明」に当たります。
 お断り事項としては、お支払は、必ず振込(領収書は振込票で代用下さい)により、金銭授受をします。お支払がないと弊社は作業(御社に対する債務履行)は始りません。

(2)アアクスはなぜ「安い」の?
 それは、決してお客様のためというきれい事では、ありません。クラウドコンピューティング(CC)の仕組みが会計に及ぶとき、弊社「アアクス」のような小企業は、その産業革命の中に埋没してしまうことは、明らかでした。

     

いやあ、すばらしいサービスが始まったね!

 アアクス税理士事務所(有楽町駅から電車で8分の東京豊洲)は、法人・個人の決算と確定申告を、高品質で格安にで承ります。特に最近に独立開業・開店された起業家の支援を記帳代行から決算、決算監査報告書の作成、確定申告の代理まで一貫ワンストップで承ります。

 決算品質は日本税理士会連合会の「中小企業の会計指針の適用に関するチェックリスト」(ネット公表中)に依拠した「決算監査報告書」を提供して小規模企業の決算としては一流水準を守っています。それでいて決算申告、月次顧問込みの年間報酬は総額で、信じがたい「年5万円パック」料金を提供でき、多くの起業家に好評を博し年間500社の勢いで顧客数が増えております。

 更に今般はクラウド会計により右上の説明のとおり、記帳指導についても、超格安の仕組み(弊社は原則、無料です)を提供することができる時代が既に来ています(メニュー「クラウド会計」をご参照)。この仕組みだとアアクス堂上税理士事務所は今は東京(豊洲)にありますが、どこでも同一の超格安料金で承れます。

 税務調査も無料で、税理士が税務署と電話で御社の「聴聞・弁明」を承り、御社社長とはメールやテレビ電話で税務相談により、適正な税務判断により、苗木の御社をお守りしております。                  
 弊社もまた、生きんがために手を打ったに過ぎません。そしてお客様に格好良くこう言うのです「アアクスは、最先端のノウハウで、日本一クラスの格安料をお客様に提供します」と…。

(3) やって行けるの?
 お陰様で、大丈夫です。
 これは30年の税理士事務所経営の経験とノウハウそれに「蓄え」があるから!と云うのは事実です。
 今から蓄えもなく、税理士事務所を経営するには、お客様にトリックを仕掛ける「狡猾な営業」でしか成り立たないことは、多くの税理士事務所の「実態的な報酬」を診ると明らかです。
 これだけははっきりしています。
 弊社の経営計画、事業計画は明確にできていて弊社の資金繰りは、少々のことでは、揺るがないと…。

(4) 新時代の集客方式『旧式が一番』
 そして、営業戦略は、SEOとSEMを中心にしたインターネット利用により行うのが一番だということ…。幾ら検索エンジン会社に支払えば、何社の起業家を中心とした小企業が、お客様になってくださるかが、統計として出ています。つまり、この税理士業界もまた、資金戦争に突入して行くということです。
 だから弊社「アアクス」は、一生懸命に御社に誰にも負けない「高品質」で「超格安」な税務サービスを提供しなければならないのです。これは、消費者たるお客様には大変に良いことではないでしょうか?
 ただ見落としがちな「最重要なPR戦略」がります。それは「ITキャッチフレーズが集客しても、税理士事務所は『毎年のリピート客」なので、嘘はすぐ露見するということ!一番大切なことは誠実にお客様のご要請に出来る限り応じる能力と、高度な知識の集積(30年のキャリア)が重要なのです。これは古い古い営業戦略の王道です。
 若さで押し切ろうと云っても、税務署は無知では押し切れません。銀行は貸し手の論理(貴方は本当に約定どおり借金返済してくれますか?)を理解した「説得力」ある達成可能な事業計画を提示しないと押し切りきれません。この道理は「古い」ですね。しかし真実はこれしかありません。剥げ落ちる若さ は税務には禁物です。


3.お断り

 次の仕事は、別料金(格安)になっています。理解をお願いします。理由は皆さんご自分での処理できる仕事だからです。

@ 記帳代行料
  基本料金は、月5,000円又は@50円×領収書等の枚数、いずれか多い方とします(外税)。

 備考: この場合、領収書等とは、領収書、請求書、通帳(印字行数)、手形等の特殊仕分数、振替伝票の各仕分数、入出金伝票の各仕分数を言います。納品のリードタイムは40労働日です。


A 給与計算料
 基本料金として、一人/年12,000円を申受けます。年末調整込み、合計表(給与以外の支払調書は1件・年5,000円です)込みです。

 作業内容: 役員報酬の取り方、社会保険の節約(最適値)、給与政策等の無料アドバイス込みです。


B 社会保険労務・届出
 算定基礎届等の社会保険労務及び申請・届出は、格安ですが別途有料です。